2011年07月25日

5月で既に経営者は強気

今日は、経営者の皆様は5月上旬には強気だったと思われる、というお話。

ここのところ、ワタシは、3月決算の会社の配当が6月末で出そろったので、その整理をしていました。

その中で昨年の配当額と今年の配当額を比較すると、

76万と89万。

今年はトータルで見るとずいぶん増配してもらえた、ということが分かります。

ワタシの保有している株の大体6割はジャスダック上場で、全体的に小さめの上場企業が多いので、

大企業というより中企業クラスの会社が、配当を増やして現金の支払いが多くなってもやっていける、

と判断していたといえるでしょう。

しかも、これは3月決算の会社の話なので、遅くとも5月上旬には配当額を決定・公表していますから、

東日本大震災が起きて2ヶ月の時点でこれらの企業の経営陣は現金の支出を多くしてもやっていける

という強気の判断をしていたことになります。

今年は震災で配当は減るのではないかと思っていましたが、むしろ増額で、

まともな企業を選べるのなら、強気で買っていくべきだった、といえそうですし、

東日本大震災が上場企業に与えた影響は、思っていたより小さかった、ともいえそうです。
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216408945

この記事へのトラックバック

債務整理即解決
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。