2011年07月11日

投資 銀行 投資信託 ファンド reit

投資するときに銀行にいき投資信託・ファンドを買うという方法があります。
中でもREIT(不動産投資信託)について今回は書きます。

REITとは、社団法人投資信託協会によると、
多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品
です。

結論からいうと、ワタシは手を出さないです。

なぜかというと、
株式投資に比べて情報が開示されていないんですね。
どんな不動産に投資しているか、それぞれの詳細な状態がわからないんです。
株式投資でも企業が不動産を持っている場合はありますが、それはメインではないですし、
メインの収益状況とか資産状況とかはREITに比べて細かく開示されているんですね。

あとは、●●●●●物件をREITに●●●●●いる、というウワサもありますし。
(伏字のところをお知りになりたい方は直接ワタシに連絡ください。
ウワサなのでブログで書くにははばかられるのです。)



今日の記事は皆様のお役に立てたでしょうか?ご質問・リクエストなどありましたらお気軽に連絡くださいね(^^)


マネーと投資(旧スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ) サイトマップへ


以下は広告です。

REITを買う前にこういう本を1冊は読んでおいたほうがいいですよ。

とくに
第4章 ファンド会社がオモテに出せない実態 ファンドに隠される「クズ物件」
のところ。
真偽は別として、広く情報をあつめて判断をするのが投資の基本です。





posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

債務整理即解決
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。