2011年05月30日

呉下の阿蒙と士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待つべし

前回、早く重要な情報を手に入れることが大事ではないか、と書きましたが、
これに関連して、
早く情報を手に入れ続けることで自分の成長のスピードを加速させていきたいと思っています。

娘をみていて、日に日に成長していくのがすごい、と思ったのと、
それにワタシもはりあって、同じくらいの比率で知的なが成長できないかな、
と思ったのです。

ふと、中国の古い本、十八史略にある故事を思い出しました。
呉下の阿蒙、と、士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待つべし、
という言葉です。

昔々、三国志の時代に、武芸だけが達者で無学な呂蒙さんという武将がいました。(呉下の阿蒙)
(・▽・)?←こんな感じ?
その人は、そのうち、自分で勉強を進めて、その国でも知恵者と呼ばれる文官に、

あなたは昔は無学だったけれど、いまではすっかり学識の豊かな人になった!Σ( ̄□ ̄;)//

とおどろかれたそうです。
すると、呂蒙さんは、

士別れて三日なれば、即(すなわは)ち更に刮目(かつもく)して相(あい)待つべし(`・ω・´)シャキーン

と答えたそうです。この意味は、

男たる者は、別れて三日もすれば大いに成長しているものだから、次に会う時には目をこするように先入観を忘れて、会うべきですよ(^^)

ということです。
わたしもそうありたいものです。3日前の自分とくらべて大いに成長しているって、かなりハードル高いですが( ̄ー ̄;)
ワタシが、自分は成長したな、と感じるのは、過去を振り返って、

ああ、あの頃は自分も青二才だったな、今だったらあんな行動はしなかったろうな、

と思えたら成長している証拠と考えます。
だから、ものすごいスピードで新しい情報に飛びついて、ときにはムダ情報にもひっかかりながら実践して突っ走るしかないですね( ̄ー ̄;)
今、全く未経験の分野の投資を始めたところで、超速モードで学習中です。
さて、後で

アレはさっぱりダメだったな〜、まぁ、いい勉強をしたと思おう、っていっているか

それとも、

もっと早く気づくべきだった!この投資法を知っていたら、前の投資なんてしなかったのに!ってうれしい悲鳴をあげているか

どっちかだと思います。
読者の皆様にも紹介できそうだったら、記事にしたいと思いますので、乞うご期待です。


今日の記事は皆様のお役に立てたでしょうか?ご質問・リクエストなどありましたらお気軽に連絡くださいね(^^)


マネーと投資(旧スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ) サイトマップへ



ラベル: 阿蒙 刮目 成長
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

債務整理即解決
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。