2011年02月28日

第1回 家計簿記入(トレードとの関係)

毎月恒例となっている、家計簿の記入が一区切りできました。おばあちゃんと私の分の記入ができたので、あとは妻の記入ができれば、今月は完了。

トレードのブログなのになんで家計簿がでてくるの?

という話ですが、その理由は
・いざというときの貯金と投資に回せるお金がいくらあるかを計算するため、と
・投資の収益だけで家族を養えるのにあとどれくらいで到達できるか、目標を確認するため
です。
いざというときの貯金額は、今後2年間の生活費としています。なにかトラブルがあっても、2年間は貯金で暮らせるということです。
残りの金額が出れば、それは投資に回します。

私の場合は、うつ病が悪化するリスク、おばあちゃんに介護が必要になるリスク、が予測されるトラブルで大きなところかな、と思っています。

この方法は書籍「投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう」で述べられている家計管理をそのまま真似しています。

では、その効用について、は明日につづきます。

皆様は、家計管理なさってますか?また、どんな方法でされてますか?よかったらお聞かせください(^^)


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)
続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

インフォコム【4348】買¥117555 2011/02/14

2011/02/14手数料込みで1株あたり117555円で買付。
これで、2/14現在、インフォコム【4348】ウェッズ【7551】三谷商事【8066】の3銘柄を保有。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルキョウ【9866】売¥494.355 2011/02/14

2011/02/14手数料込みで1株あたり494.355円で売却。
1株あたり3.905円の利益。
2010年11月から株が全体的に上がってきているので、利益が出て当然なのかもしれません。市場の平均に勝てているか検証してみないといけないのかも。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

第5回 短期投資で稼ぐには?(短期投資が肌に合わないとき)

昨日の続きです。
>取引は短期で考えています。
>平日の日中は働いているため、指し値注文して少しずつでも確実に稼いでいきたい…というのが理想
>ではどの株を選ぶのか、過去の値動きや現在の企業業績、今後の動向などを含めたチャートの見方がまだまだ勉強不足です
>でも一番は、もっと経済に関心をもつことこそ必要だと感じます
>こんな私は何から手をつけたら良いでしょうか…??
という質問に
昨日は、本とネットの情報源をお答えしました。
今日は、「少しずつでも確実に稼いでいきたい」という点に着目して、それを目的とするなら、長期投資で狙うという方法もある、ということを書きます。

それでは何で「少しずつでも確実に稼いでいくか」ですが、具体的には、主に配当をあてにして、株主優待がついてきたらラッキー、という作戦です。

ポイントはワタシの短期投資法で書いたのと同じ、企業業績に対して株価が安いこと、すぐに倒産しそうにないこと、極端に株価が急落していないこと、の3点です。
あとは企業業績に対して株価が安いこと、の条件に株価のわりに配当が多い(=配当利回りが高い)ということを付け加えて選びます。

配当狙いなので、株価が上がった、下がったは、少々の事では無視します。もし気になるようでしたら、この方法はオススメしません。
最初の回で書いた逆指値も、この方法にはそぐわないので使いません。

株価の上下で売りを判断するのは、
・配当が減らされて、「配当利回り」が悪くなり、他の株に乗り換えた方が配当が多くもらえそうなとき
・株価が上昇して、高い株価のわりに配当が変わらず、結果として「配当利回り」が悪くなり、他の株に乗り換えた方が配当が多くもらえそうなとき
の2点です。

この方法は、ワタシのように企業業績は分かるけどチャートがいまいち使いこなせない、という場合に使えます。

弱点は、これまでの話とかなり考え方が違いますし、株価が気になる場合、つい売買してしまうので使えない、というところです。


以上でこのたびの連載企画は本文終了です。

あと、追記としてちょっと。

短期投資の方法について、長期投資でやってきたワタシが書いたので、話が入り乱れたかな〜( ̄ー ̄;)とも思います。
普通なら、ひとりの人は、長期派か、短期派か、どちらか一本で行くみたいです。あまりに考え方が違うから。

話を整理すると
一般的な短期投資は資金管理、損切り、自分にあったチャート、を使う。
一般的な長期投資は企業業績、株価のお買い得感、を使う。
ということです。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

第4回 短期投資で稼ぐには?(情報収集)

昨日の続きです。
>取引は短期で考えています。
>平日の日中は働いているため、指し値注文して少しずつでも確実に稼いでいきたい…というのが理想
>ではどの株を選ぶのか、過去の値動きや現在の企業業績、今後の動向などを含めたチャートの見方がまだまだ勉強不足です
>でも一番は、もっと経済に関心をもつことこそ必要だと感じます
>こんな私は何から手をつけたら良いでしょうか…??
という質問に
昨日は、僭越ながらワタシのやり方をお答えしました( ̄ー ̄;)

今日は書籍の紹介とネットでの検索のヒントについて。

本の紹介:

短期投資の本としては「投資苑 − 心理・戦略・資金管理」シリーズや「マーケットの魔術師 − 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
」シリーズが有名です。

結構読みにくいですけどね( ̄ー ̄)ワタシも全部は身についてない

ネットで調べる場合:

短期で日中お仕事でしたら、自分で検索して探すときのキーワードは「短期投資」のほかに「オーバーナイト」「スイングトレード」「自動売買」あたりで探すといいかも知れません。

自分で時間をかけて調べてこそ、自分の肌にぴったりフィットする「信頼できる」ルールを見つけられると思います。応援してます。

明日は、全く別の選択肢、長期投資のことを書きます。

皆様のご質問と、もちろんアドバイスも!お待ちしております。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

第3回 短期投資で稼ぐには?(長期投資もどき短期投資)

昨日の続きです。
>取引は短期で考えています。
>平日の日中は働いているため、指し値注文して少しずつでも確実に稼いでいきたい…というのが理想
>ではどの株を選ぶのか、過去の値動きや現在の企業業績、今後の動向などを含めたチャートの見方がまだまだ勉強不足です
>でも一番は、もっと経済に関心をもつことこそ必要だと感じます
>こんな私は何から手をつけたら良いでしょうか…??
という質問に
「ワタシ、チャート、ワッカリマセーン」という感じでお答えしました( ̄ー ̄;)
今日は、ではワタシは何に基づいて短期投資をやってるか、です。

短期投資初心者なので、これがオススメとはいえないのですが、一応ご参考までに、ワタシの短期投資のルールを紹介します。

ポイントは、企業業績に対して株価が安いこと、すぐに倒産しそうにないこと、極端に株価が急落していないこと、の3点です。

会社の業績に対して株価が安いこと、というのは、長期的には安い株価には買い手がついて正常な価格まで上がる、とされているからです。短期的にはそのとおりになるとは限らないので、ここの所はまだまだ改良の余地がありそうです。
ちなみに、第1回で書いた逆指値を使いません。代わりに、持っている株よりさらに「業績に対して株価が安い」お買い得株が現れたら、損していようが何だろうが即刻乗り換える、というやり方をしています。

すぐに倒産しそうにないこと、というのは、急病などで注文がだせなくなるリスクを考えて、長期間持つことになってもよい株を狙いたいからです。

極端に株価が急落していないこと、というのは、以下のことを考えています。
もし極端に株価が急落しているなら、多量の株を、株価が安くなってもかまわないから売ってしまいたい、という人たちがいる可能性を示していますから、会社になにかまずいことが起きているのではないか、という意味で避けておきたい、ということです。
もちろん、市場の株全体が急落しているときは、その部分はのぞいて、市場の平均よりもさらにさらに落ち込んでいるものが怪しい、と考えます。

細かいところでは、粉飾決算の匂いがする会社も避けています。あまり高度な粉飾は見破れないですが。

企業の今後の動向と経済全体については、以前は詳しく調べていましたが、いまいち予測が当たらないのと、子育てと両立させるのが難しくなったのとで、かなりいい加減に見ています。

明日は、本などの情報源について紹介します。

皆様のご質問と、もちろんアドバイスも!お待ちしております。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

第2回 短期投資で稼ぐには?(チャート)

昨日の続きです。
>取引は短期で考えています。
>平日の日中は働いているため、指し値注文して少しずつでも確実に稼いでいきたい…というのが理想
>ではどの株を選ぶのか、過去の値動きや現在の企業業績、今後の動向などを含めたチャートの見方がまだまだ勉強不足です
>でも一番は、もっと経済に関心をもつことこそ必要だと感じます
>こんな私は何から手をつけたら良いでしょうか…??
という質問に
まずは資金管理、損切りが大事、と答えました。
今日はその続き、チャートについて、です。

結論からいうと、チャートはワタシも全然分かりません。

短期投資のことやその達人の本をあさればあさるほど様々な人が様々なチャートを使って結果を出されてます。

それぞれの人が自分にぴったり合った方法を見つけるのが大事なようです。

ただ、ワタシはチャートでこれだ!とピンと来るものにまだ出会ってないです。
ワタシはその場その場で判断して売買をするやり方(裁量トレードといいます。)だと、感情的になってしまって失敗するので、信頼できるルールを事前に決めておいて、売買はそのルールに従う、というやり方(システムトレードといいます。)をしています。
この「信頼できる」というところが大事で、ルールどおりやっていて損が出続けた時もルールを守る、ということを指します。
チャートを使ったルールだと、Aさんはあのやり方だし、Bさんはこのやり方だし、と迷ってしまって「信頼」できそうにないのです。

では、ワタシは何に基づいて短期投資をやってるか、明日に続きます。

皆様のご質問と、もちろんアドバイスも!お待ちしております。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

経営で大切にしていること その1 の感想文

今日の記事は「女性社長 笹川祐子」さんの「経営で大切にしていること その1」という記事を読ませていただいての感想です。すごく勉強になったので感謝です。

ワタシの立場は2点、ひとつは投資先を見るという視点でどういう経営者に投資すればよいのか参考になった、ということ、もうひとつは自分自身を投資ファンドの経営者と見立てて自分自身をかえりみて参考になる点があった、ということ。とくに後者の方が大きかったです。

>忍耐力もつくし。人の痛みや気持ちがよくわかる。
>バランス感覚が大切。
>気が短く、かっかしていた自分が、一呼吸おいて、相手の立場に立ったりできるように。
>人間の器が、知らず知らず、広がっていくように思います。

投資ファンドの経営者的視点からすれば、投資してすぐに結果がでない場合もあり、結果が出るのを信じてじっと待つことも必要だなぁと再確認しました。
投資は対人ではなくて対市場という側面も大きいので、市場に対してカッカしないのも大切だと思いました。
人間の器、というと、私の場合は「一人の人が扱える金額は、その人の器によって違う。宝くじなどが当たって急に器を超えるお金を手にしてしまうと、器が壊れるように不幸がやってくる。」、そういう話を思い出しました。扱う投資金額をすこしずつ増やしては重圧を感じ、それを乗り越えてまた投資金額をふやすということを繰り返しています。無理せず器が広がるのを待ちながら資産を増やしていくイメージです。

>とにかく、企業を存続させていくこと。
>私(経営者)は、絶対、会社を潰さない、という覚悟でのぞんでいます。
>統計では、会社設立後、10年後に残っている会社はわずか5%くらい。

世界一位、二位を争う投資家であり経営者のウォーレン・バフェット氏も「損をしないこと」と、言葉は違えど同じ内容のことを言っています。
私も長期投資家として約10年、なんとか潰れずに生き残って来れたので、「わずか5%」に入れたかな、とちょっとだけ自信を持ちたいとおもいます。もちろん、決して過信にならないように( ̄ー ̄)

>存続させていくために、大切なことがいくつもあるのですが、
>そのうちのひとつが、「あたりまえの継続」です。
>企業の倒産は、実は外部要因より、内部からの崩壊が多いのです。
>すなわち、経営者の慢心やおごり、油断です。
>それが社内に蔓延してしまいます。

慢心というと、私は2005年ごろ、保有株の時価が上がって慢心していたように思います。慢心していなければその高すぎる株価に対してさっさと売り逃げをすることができたはず、また、高すぎる株価の会社を新たに仕入れなかったはず、と反省しています。完全に自己責任の世界です。次に株価が割高になったときには同じ失敗はしないようにしたいものです。あとは、社内というとワタシの場合はウチの家庭のこととあてはめて考えて、妻やおばあちゃん、(娘はまだ1才ですからまだ早いけど)に対して、自分自身の取り組みを明確にして、理解してもらいながら投資をしていこうと思いました。

>簡単なあたりまえのことですら、
>時折、点検しないと、だんだん薄れていってしまうものです。
>経営面では、計画→実行→検証→改善、このサイクルを地道に回すことが大切ですね。

私の場合は、投資のルールを明確に文章にしています。投資のたびに、毎回これをいちいち点検し、読みながら売買注文を出しています。
そして、「計画→実行→検証→改善」のサイクルでこのルールを少しずつ改良しているつもりです。

この記事を読ませていただいて、今日のいまこの時からまた気持ちをあらたに投資をしていこうと思いました。感謝です。
posted by 557 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 短期投資で稼ぐには?(資金管理、損切り)

今日はいただいた質問にお答えした文章を記事にします。
まず、質問を抜粋すると
>取引は短期で考えています。
>平日の日中は働いているため、指し値注文して少しずつでも確実に稼いでいきたい…というのが理想
>ではどの株を選ぶのか、過去の値動きや現在の企業業績、今後の動向などを含めたチャートの見方がまだまだ勉強不足です
>でも一番は、もっと経済に関心をもつことこそ必要だと感じます
>こんな私は何から手をつけたら良いでしょうか…??

で、ワタシの答えはこんな感じです。

何から手をつけたら良いか、ですね。
ワタシも短期は経験が浅いので一緒に勉強していきましょ〜o(^▽^)oな感じですけど、ここまで本とか読んで載ってたことをもとにして書きますね。

・まず、経済に関心をもつのはそのままのペースでいいと思いますよ(^^)

次に、実際に短期投資で成功した人の本でよく書かれていることは、

・資金管理が大事!これが一番肝心、まずはこれを身につけること!

です。「資金管理」を身につけることから始めたら良いんじゃないでしょうか(^^)

資金管理って何か、具体例をあげると、以下のようなことです。

・損切り(ある程度損したらそれ以上損しないように売ってしまうこと)が大事、具体的には自分が持っている投資資金の2%の損がでたら自動的に売却するように「逆指値」という注文方法を使うこと

・勝率(勝って終わる取引)が多いと、一回に勝つ金額は少なくなる傾向にあるので、大負けしてコツコツ勝った分を一気に損しないようにすること

ということでした。長くなってきたのでひとまずこれくらいで(^^)

また何かあったら気軽に連絡くださいね(^^)
これからもヨロシクです〜(^^)/

お返事はここまでにしましたが、さらに詳細を明日以降書いていきたいと思います。

皆様のご質問と、もちろんアドバイスも!お待ちしております。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

日本円紙くず化対策。

今日の記事はTAGUさんのブログ「涙目で、日々頑張るトレード。。」の記事「真面目な話・・・」から思いつきました。今日のワタシの記事のヒントをいただけたのでTAGUさんに感謝m(_ _)m

記事にはニュース記事などの引用があり、それによると、
日本の財政破綻で日本円が紙くずになるシナリオのことが書いてあります。
***
Q: その状況だと、自分だけ資産を守るのは不可能だったですよね?
A: 当時、事前に危機を察知していた一部の人は外貨に逃げていましたし、預金封鎖発表後も預金で株式を購入することは例外的に認められていましたので、勇気をもって対策をとった人は資産を守ることができました。ピンチをチャンスに変えて資産を増やした人もいました。
***
とのこと。この元記事を書いた「為替王」さんは掲示板2ちゃんねるで叩かれてますが、

「別に儲けようなんて思わなくても、やっぱりある程度は外貨と株に逃げておいたほうがよさそう」とワタシは思いました。

個人的には
「株って政治家や財界、お金持ちがもってるから、政府はそういう権力のある人たちを守るために、株を没収はしないんじゃないか」
と勝手に思ってたけど、この記事のとおりなら、これで日本円が紙くずになったときにちょっと希望がみえました( ̄ー ̄)

ちなみに、ジェレミー・シーゲル氏の「株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす」によると、
***
経済破綻ではないがある期間の中国とブラジルの投資の収益を調べた結果、米ドルベースでは

経済が悪かったブラジルのほうが、経済が大きく成長した中国を上回った。

理由はブラジルは経済の悪さ以上に株価が大安売りになってお買い得になっていたことと、
逆に中国は経済の良さ以上に株価が高値にとどまり買うには割高だったこと。
***
という内容の記述があります。これがホントなら、個人的には日本株も日本経済の悪さ以上に大安売りなら買ってよい、と思ってよさそうです。

あと、海外の金融機関にお金を預けるという方法もありますが、ある程度まとまったお金でないと本人確認や送金などの経費がかかったり、預けた海外の国や金融機関に何かあった場合のリスクを負うことにもなるので、ワタシは様子見な感じです。

皆様は、日本円が紙くず!?ってどう思われます?
もちろん、「ワハハ!!あっしは宵越しの銭は持たねぇから関係ないっす!!」っていうナイスな答え以外で( ̄ー ̄)


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


ここまでの元ネタは、「涙目で、日々頑張るトレード。。http://ameblo.jp/land-h/」のTAGUさんの提供でお送りしました。
ここからは、オンラインショッピングのAmazon、の提供でお届けします。

以下、Amazonへのリンクです。(注:Ameba版の画像リンクはケータイサイトに飛びます。)

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

娘に残すもの

投資とブログからの収入が安定して確立できれば、この方法を娘に教えておきたいなぁと思っています。

そうすれば、対人的なストレスのない収入ですから、私がなった「うつ病」にならなくてすむかもしれません。

面白いだろうなぁと思うのは、娘がやる気になって投資とブログからの収入が安定して確立できれば、しかも高校を卒業するまでにできれば、

・娘に勉強していい学校に入って良い待遇の従業員になれ、といわなくてすむようになり、
・娘に、学校には人付き合いのしかたと、人を見抜く目、とくに良い夫になりそうな男を見抜く目を養うために学校にいけ、といえるようになります。

子どもに「良い男を見つける目を養え、そういう人に見合う自分磨きをしろ、勉強はそのあと。」なんていう親にワタシはなってみたい( ̄ー ̄)

皆様はいかがでしょうか?


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。
もしよろしければ、Amazonでお買い求めの際は当方のブログの検索機能やリンクを使ってAmazonに飛んでいただけますと、当方にお小遣いが入り、うつ病の治療費にあてられますので大変助かりますo(^▽^)o


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

うつ病でも差別されない。

ネットで投資をしていて、いいなぁと思うところは、うつ病でも差別されないところです(^^)

私自身は嫌な経験は少ないのですが、
本を読んだり、周りの話を聞いたりすると、色々とひどいことを言われたり、従業員として働きずらくなったり、という事があるようです。

うつ病以外でも、身体障がい者になったとか、体力の衰えなどで従業員としてやっていけなくなったとしても、頭と目と手さえ動けばネットで投資するのにはほとんど関係がない。
あるとしたら、瞬発力が必要な超短期売買のときぐらいでしょうか。

もちろん、元手を貯金して用意しておくとか、失敗は自己責任という厳しい世界でもありますが、私はやっぱり投資が好きですo(^▽^)o

皆様はどうお考えでしょうか?


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。
もしよろしければ、Amazonでお買い求めの際は当方のブログの検索機能やリンクを使ってAmazonに飛んでいただけますと、当方にお小遣いが入り、うつ病の治療費にあてられますので大変助かりますo(^▽^)o


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

投資先は何?

「未公開企業に投資してますか?」という質問をいただいたので、それに関連して書きます。

まず、未公開企業には投資をしていません。
 解説:未公開企業とは、証券取引所で株が取引されていないため一般的には個人投資家が売買ができない会社のことです。

未公開企業には興味がありますがどうやったら投資ができるか分からないのです。未公開企業への投資の一種でIPO投資というものがありますが、過去のデータをとってみるとIPO投資は儲からないことが多い、という内容が、タイトルは忘れましたがいくつかの本で書いてあったので。

それでは何に投資しているのか、ざっと説明すると

投資対象は、メインが国内で取引されている株(国内株、日本株とも言います)、つづいて香港株、すこし株式投資信託、外貨MMF(米国ドル、ユーロ、オーストラリアドル)、オーストラリアドルのトラベラーズチェックといったところです。
 解説:外貨MMFとは銀行の外貨預金に似た商品ですが、金融機関が倒産しても安全といわれている商品です。もちろん損する危険性はあります。トラベラーズチェックとは外国のお金に両替できるチケットのことです。

あとは、国内株の中でさらに区別をつけていて、大部分を占める長期投資用の株とこのブログと同時期にはじめたスイングトレード用の株とがあります。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

株は本業ですか?

「株は本業ですか?」という質問を何度かいただいたのでお答えします(^^)

この記事を書いている現在、

他の仕事もやっております。完全に投資本業ではないのです。

他の仕事についてですが、ワタシ個人の特定につながるので、伏せておりマスm(_ _)mぺた

すべての収入の中で、今後一番安定&成長していけるが投資というのは確かです。
記事「金融危機で配当は崩れたか!?」で書いたとおり、配当のダメージは少なかったというのが大きな自信になりました。
あと、やっていて一番楽しいですし(^^)

ちなみに、妻とおばあちゃん(ワタシの母)は従業員的収入を得ています。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

うつ病克服法?(96332587の場合)

最近、比較的うつ病の調子がよいので、なぜ調子がよいのか、書いてみます。

私は現在、飲み薬とカウンセリングの併用で治療しているのですが、
当初は飲み薬だけでした。最初のころはどうやらパキシルという薬が効きすぎたらしく、極端な長時間睡眠になっていました。
今は、リフレックスとサインバルタという薬を中心にして、睡眠時間が元にもどってきたところです。
カウンセリングのほうは、催眠療法に近い方法で治療を受けていましたが、現在は、カウンセラーさんが大丈夫そうだと判断したらしく、近況報告をしながら、様子をみている、という形になっています。

個人的には、調子がよいのはもうひとつ理由があると思っています。

それが、ブログを始めたこと!

4月からは忙しくなるのですが、それまでの間は毎日更新していこうと思っています。
そのため、ブログのネタを何か思いつけばすぐパソコンかケータイにメモを取るようになり、

ストレスを感じる出来事があっても、
「そんなささいなことに気をとめてるヒマがあったらブログネタのひとつでも考えていたい」
と、心が反応するようになり、ストレスをあまり気にしなくなりました。
打ち込めるもの、将来を変えてくれるかもしれないものを見つけたら、ストレスが馬の耳に念仏状態になった、というわけです。

4月以降もこの調子でいけるといいのですが。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。
もしよろしければ、Amazonでお買い求めの際は当方のブログの検索機能やリンクを使ってAmazonに飛んでいただけますと、当方にお小遣いが入り、うつ病の治療費にあてられますので大変助かりますo(^▽^)o


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

お金持ちに来る不幸

私は管理人のプロフィールでも書いていますが、資産額と投資成績はいまのところほぼ非公開の方針です。仮に私がお金持ちだとして、それで世間に知られて、今の静かな生活を脅かされたくないのです。

そこで、お金を持っていることで有名になるとどんな不幸がくるのか、ネットで調べて見ました。

とりあえず「宝くじ 不幸」で検索してみました。

ジェームス・スキナー成功研究会の記事「宝くじに当選した人は、なぜ不幸になるのか?」では、
1億円以上の宝くじが当選した人は、そのあとどうなったか?追跡調査をした人がいるのです。
結果としては、ほとんどの人が宝くじが当選する前より不幸になったそうです。
とあります。

ブログ「対人恐怖症克服塾!」の記事「なぜ宝くじ当選で不幸になる?」では
・周囲からの嫉妬
・お金に引き寄せられた親族、友人、知人
・犯罪にあうリスク
等まで手に入れてしまいます。
また、金目当てで言い寄ってくるのではと人間不信にまでなってしまいます。
とのこと。

ろくなことがないですね。
逆に投資で大損をしていたとしたら、それはそれでブログに書きたくなくなりますから、更新停滞の原因にもなりかねません。

やっぱり当分はどっちだろうと非公開でいきます。

スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

減税を求める署名活動

少し前から、このブログの右上に、軽減税率廃止の反対署名活動のバナーを表示しています。

これは平成24年から上場している株式の譲渡益と配当にかかる税率がいまの倍になることを反対するものです。

主催している会社が書いてあったので、ネットで調べてみたところ、
社団法人 日本証券投資顧問業協会の会員名簿に確かに載っていましたので、怪しいものではなさそう。
http://jsiaa.mediagalaxy.ne.jp/profile/kaiin.html

そもそも配当に関していえば、会社が利益を上げたらまず法人税で税金をとられて、それから配当を払って、さらに配当でも税金をとられるので、2重課税になっているんです( ̄ー ̄;)これはフェアじゃないと思う。

興味のある方は見てみてください。
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

SBI証券が香港株ほぼ全銘柄取扱開始。

私は香港株用で、岡三オンライン証券、ユナイテッドワールド証券の口座を開設しています。
理由は香港株ほぼ全銘柄取扱だから。
岡三オンライン証券、ユナイテッドワールド証券、内藤証券の3社に続いてSBI証券も香港株ほぼ全銘柄取扱を始めてくれました。

内藤証券とSBI証券は国内株用で口座を作っていましたが、これで取引する証券会社の選択の幅が広がりました。

手数料体系からいくと、最低手数料では、SBI証券、ユナイテッドワールド証券の二つがいい勝負。
手数料率では、岡三オンライン証券が一番いいので、取引金額が若干大きくなって50万円〜120万円くらいのときはこの会社。
取引金額がそれ以上になるときは、手数料に上限があって、余分な諸費用がかからないSBI証券がいい。

いまはFXが流行っていますが、ひそかに香港株も競争激化の気配かな?


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

第4回 長所を伸ばすのが私の活きる道

さて、なりゆきで連載物になってしまいましたが、気にせずいきます( ̄ー ̄;)

初回第2回
>情報にアンテナを張り、取捨選択し、自分が有利に戦える所を見つけ、それを伸ばす
ということ、
第3回は「情報にアンテナを張る」≒ネットの情報収集のコツ
ということ、
だったのですが、
取捨選択する、ということも情報収集している間にある程度鍛えられたり目標がはっきりしてきたりするので捨てるものが分かってきます。

つづいて、
自分が有利に戦える所を見つけ、それを伸ばす
という話ですが、
詳しく言うと、自分が有利に戦える場所というのは、
・利益が継続的に上げられて
・情熱をもって取り組めて
・世界一(あるいは地域一)になれる
という、この3点が重なるところだと書籍ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則では述べられています。

ここで、この有利に戦える所にあてはまらないものは捨ててしまいます。

私の場合は、(世界一、地域一かどうかはまだ弱いのですが)
(株式)投資が、利益が継続的に上げられて、情熱をもって取り組めるところです。
この投資ブログは、記事を書くために過去の売買記録をみたり情報収集したりして勉強しながら書いているので、投資を補助しているというわけです。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

情報収集のコツ:ネット・リンク編(第3回 長所を伸ばすのが私の活きる道)

カテゴリ「リンク」をクリックされた方は「あれ?おかしい記事がでてきたぞ」と思われたかも知れませんが、これであってます。
また、この記事は昨日の記事「第2回 長所を伸ばすのが私の活きる道」からの続きでもあります。

ここでは、私流の「リンクの活用法」と「ネットを徹底的に巡回して情報収集する」ということを書きます。

また、リンク集の冒頭に「リンクの活用法」を書いておきたかったのです。

私の場合、

・本とネットの使い分けですが、
本は専門書を除けば情報が比較的浅く広いものが多く、体系的にまとめられて、ある程度著者が責任をもって書いているからやや信頼しやすい情報だと思います。
これに対してネットは、徹底して調べると、本に載っていないような「かなり深い部分」や「一般常識が間違っていること」、「最新の情報」が手に入ることがあります。弱点は本にくらべてウソが混ざっている割合が多く、自分で取捨選択をしないといけないことです。
 注意!!:検索エンジンで上位にでてくることが多いwikipediaについてですが、専門家のサイトで「wikipediaにかいてあることは結構間違っている」という記事を見ることがあります。wikipediaの内容は話半分くらいに思っておいて、そのまま鵜呑みにせず、きちんと別の公のあるいは専門家のサイトや本で裏づけをとったほうがいいと思います。

・ネットサーフィンで何かを調べる時、最初は検索エンジンを利用します。ここでは比較的浅く広い情報を集めます。比較的信頼度の高いニュースサイトや官公庁サイトなどを訪れます。

・より細かいところを探す場合は、検索エンジンで見つけたサイトのリンク集やブックマークを徹底的にあたっていきます。ここからは忍耐力とか根気の世界です(^^;)
 より効率的にリンクを巡回するコツ:このリンク集めぐりをやっていると、前に行ったサイトにまた戻ってしまうことがあります。
インターネットエクスプローラー8であれば、
ツール−インターネットオプション−全般−ユーザー補助と進み、WEBページで指定された色を使用しないにチェック、
つぎに
ツール−インターネットオプション−全般−色と進み、Windowsの色を使用するのチェックを外す
と、画面の色が少々変になりますが、行ったことのないリンクは青、行ったことのあるリンクは紫、で表示されるようになるので、徹底的に巡回するときは便利です。

・もしあればですが、ブログランキングが表示してあれば、そこにも行って見ます。アクセス数の多いブログ、つまり多くの人が訪れているから良質な可能性が高いブログが順番にならんでいます。
 参考:元のブログのランキングのリンクをクリックしてからランキングサイトへ移動すると、元のブログにポイントがついて元のブログのランキングが上がる効果があるので、ブログの管理人さんにも喜ばれます。ブログランキングのリンクの周囲に、よく「クリックお願いします」と書いてあるのはそういう意味です。

・あとは、どこまでやるかは根性と必要な情報の質とのかねあいです( ̄ー ̄;)

・本でもネットのリンクめぐりでも同じですが、徹底的にやっていると、たくさんの情報の洪水に巻き込まれるうちに、だんだん「これは信頼できそうだ」「これは怪しい」ということが分かるようになってきます。鍛えられて目が肥えるんですね。

ブログランキングの一覧:

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
ブログランキング【ブロブロ】

ブログランキング
ブログ王
株式投資ランキング
ブログランキング【くつろぐ】


相互リンクとランキングプラス

審査があるタイプ:
株式投資ランキング



クリックされていないと自動でランキングから削除されるタイプ:
相場師ブログランキング
ブログランキング

第4回 長所を伸ばすのが私の活きる道」へ続く


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ
posted by 557 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

第2回 長所を伸ばすのが私の活きる道

記事「長所を伸ばすのが私の活きる道」のアメーバブログ版にブログ「今日会った現場の出来事」を運営する幸さんから「わかりやすかった」とコメントをいただいたので、これについてもう少し掘り下げて記事を書きます。

まず、
>カフェ開業を支える夫さんの記事「【自己実現】成長実感のある人@ドラクエ」で

>私は30才までに独立し、40才までに経済的自立を果たします。
>そのためにも今、成長実感を得られる仕事をしていきます。

>と書いておられますが、多分、どんな仕事、どんな事柄に限らず何からでも学習していかれるのでしょうね。

ここで何からでも学習していかれるのでしょう、と書いたのは、会社の従業員は仕事をいつも選べる訳ではない、むしろ自分からはやりたくない仕事を与えられることが多い、と予想したからです。多分そういう状況だろうから与えられた仕事から何かしら成長実感を見出している、というのが本当ではないかと。

つぎに、

>情報にアンテナを張り、取捨選択し、自分が有利に戦える所を見つけ、それを伸ばす

これは書籍ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則の要約みたいなものです。この本は飛躍した会社と飛躍できなかった会社を比べてその違いをまとめた本ですが、十分個人にも応用できると私は思っています。詳しくは本を見ていただくことにして、それぞれについて私の意見を書いてみます。

情報にアンテナを張り、というのをさらに詳しく書くと、本を読みあさる、ネットを徹底的に巡回する、直面している現実の中で最悪の事柄を目をそらさずしっかり読み取る、ということです。

本を読みあさる、については記事「効率的な情報の集め方(96332587の場合)」で我流の読書法を紹介しています。
直面している現実の中で最悪の事柄を目をそらさずしっかり読み取る、については書籍ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則で述べられています。飛躍できた会社とそうでない会社の違いのひとつがこれです。

ネットを徹底的に巡回する、については一つの独立した記事として書いた方がよさそうなので、明日にまわしたいと思います。

情報収集のコツ:ネット・リンク編(第3回 長所を伸ばすのが私の活きる道)に続く 2011/02/10公開予定


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


以下、Amazonへのリンクです。
続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

前田工繊【7821】売¥1096 2011/01/31

2011/01/31手数料込みで1096円で売却。1065円で買っていたのでまず順調な滑り出し。スイングトレード部門に追加資金を投入することに決定。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ



続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

効率的な情報の集め方(96332587の場合)

【自己実現】情報の力を持った人という記事が良かったのでそれに関連した内容を書きます。この記事では、

インプットを始めると、ただ始めるだけでなく、
徹底的に始めると、少しずつ世界が開けます。

とあります。

私の場合のインプット方法は、

・本と雑誌とネットで関連情報を片っ端から読み漁る。

・本と雑誌は、

・最初はじっくり読まない。
・まず著者の略歴を見て、実績をあげた人かどうか確認する。
・次に最初の方をみて、何かを調査して、できれば統計的に結果を述べたものかを確認する。
・上二つのどちらにもあてはまらないものは読むのをやめて次の本に移るか、その情報は話半分程度に考える。
・読むことにしたら、目次を見て、興味がもてそうなところだけを拾い読みする。目次が分かりにくかったら次の本に移る。
・そこで心に残らなかったら、次の本に移る。
・心に残るようだったらあらためて目次をみてその他の項目を拾い読みする。
・以下、その本や雑誌について気が済むまで繰り返す。

というルーチンでやっています。できるだけ少ない時間で、効率的に情報を集めるために、ということを追求したら、こんな風になりました。
これでやるとけっこうな本が5分くらいで済んでしまいます。また、これで心に残らなかったり後で思い出せないような内容だったら「実践の現場ではどうせ使えない、情報を活用するときは本を開いて読んではいられないから」とバッサリ切り捨てています。

続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

長所を伸ばすのが私の活きる道

【自己実現】成長実感のある人@ドラクエという記事に触発されたので、それに関連した話を書きます。

この【自己実現】成長実感のある人@ドラクエの記事の方は、

私はもともと営業で経験値を積み、・・・企画として再度経験値を積んできました。
戦士と魔法使いで、「魔法戦士」のようなものです。
・・・私は30才までに独立し、40才までに経済的自立を果たします。
そのためにも今、成長実感を得られる仕事をしていきます。

と書いておられますが、多分、どんな仕事、どんな事柄に限らず何からでも学習していかれるのでしょうね。頭のさがる思いです。

私の方は「1年前の自分とくらべて一歩でも向上していたい」ということを考えています。
そのためには、情報にアンテナを張り、取捨選択し、自分が有利に戦える所を見つけ、それを伸ばす(※)、これを淡々と一連の流れとしてやっていく、ということが大事なのだと思っています。そういえば2月4日のルーチンの話と似てますね。私の有利に戦える所は投資、それを強めるためのブログ、そう思っています。

※:この行動パターンは書籍ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則を参考にしています。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ
続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

イチローとシステムトレードを無理やりくっつけた話

【自己実現】ルーチンを大事にする人@イチローのルーチンという、
イチローさんのルーチン(かならずいつもやっていること)の記事でおもしろいものがあったので、それに関連した記事を書きます。

この記事では
・試合がある日の昼食は毎回カレー
・球場入りから試合に入るまでの作業、練習、試合終了後の作業まで毎回同じ
・打席に入る前、入ったあとの一挙手一投足が毎回同じ
などのルーチンがあるとのこと、
 解説:カレーについては、何かの記事でカレーのことが書いてあり、イチローさんいわく「あまりにヒドイ」レシピだったそうで、カレーはやめて、今はそうめんになっているらしいです。参考URL:http://www.sankeibiz.jp/business/news/101112/bsc1011121257013-n1.htm
以前にNHKのプロフェッショナル仕事の流儀で、脳科学者の茂木さんと話していた時に、ルーチンは集中力を増す、ということがあったので、イチローさんはそういった意味でルーチンをしているのかもしれません。

ここから、投資の話に無理やり結びつけると、
ルールを事前に決めておいて、それにしたがって売買するシステムトレードというやり方も、ルーチンの一種と言えるかもしれません。データ集め、狙う会社の絞込み、投資資金の決定、売買、ここまでのルールが決まってしまうと一連の流れで処理をしているわけです。何かおかしい、と思ったら、直接の売買結果というよりも、途中のプロセスに問題がなかったか注意が向く、という感じです。


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


ブログパーツ続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

あの人も奨学金つかってた!

先だって、奨学金で検索してこられた方があったので調べてみました。

無利息で借りれるパターンと最大3%の利息で借りれるパターンとがあるそうです。

パンフレットを見たらノーベル賞の田中耕一氏、作家の重松清氏も奨学金制度を利用していたことが判明しました。

経済的に家庭が苦しくても、あきらめることなんてないんですね。
これから進学が待ってる皆様!夢をあきらめないで!

参考URL:
http://www.shougakukin.jp/
http://www.jasso.go.jp/index.html


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

注意!気になる情報をFXで見つけた!

昨日はちょっとボリュームある記事だったので皆様少々お疲れじゃないでしょうか?

きょうは簡単です。

あなたが取引している(取引しようとしている)FXの会社、潰れたとしたらあなたのお金はだいじょうぶですか?

・・・。( ̄ー ̄)ちょっと間をとる

取引するFX会社が信託保全しているかどうか、最低これだけはチェックしてくださいね。

参考URL:http://fx-fxfirst.com/beginner/hasan.html


スイングトレードのシステムトレードで稼ぐ サイトマップへ


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

簡単に見破れた!?ホリエモンの時価総額経営

「MADE MODE」さんのブログ「只今準備中」記事「初心者のための投資入門 4」で時価総額について触れられていますが、時価総額というと、私は2006年初めのライブドア事件を思い出します。
 解説:時価総額というのは、簡単に言うと、その時の会社の値段のことです。発行している株数×株価で計算します。注意しなければならないのは、その時の会社の「値段」であって、本当にその価値があるかどうかは別物だということです。

2005年頃、社長の堀江貴文(ニックネーム:ホリエモン)氏は「時価総額経営」という方針を述べていて、時価総額が大きくなるように行動していたのですが、私(のほかにも多分会計が分かる人はみんな)は上述のとおり会社の値段と本当の価値は違うのに
「妙なことをするなぁ」
と思っていました。

2006年の1月16日に強制捜査となったのですが、そこから株価は暴落し時価総額も崩れ去りました。

この事件でライブドア株を高値で買っていた人は大損したわけですが、事前に怪しいと見抜けなかったのか、過去の資料をあたってみました。

すると、事件の約1年前、2004年の末頃に出たライブドアの有価証券報告書を見れば

「かな〜り異常な」数字が並んでいることがわかり、「手を引いた方がよさそうだ」と判断できたことがわかりました。

 解説:有価証券報告書というのは、一般の投資家に株を発行している会社が、必ずつくらなければならない一番詳しい決算書と報告書のことです。

2011年の今日現在、手に入るのは2005年末の有価証券報告書だけでしたが、
コレを使って説明すると、

・2ページ目の、平成16年(2004年)の当期純利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フローの数字のバランスが、普通の商売だとありえないくらいおかしいです。
 解説:営業活動によるキャッシュ・フローは簡単に言うと、その年の商売でいくらお金が入ってきたか(赤字なら出ていったか)を示します。投資活動によるキャッシュ・フローは簡単に言うと大規模なモノ(工場やコンピューターなど)やライブドアがもっている他社の株などからいくらお金が入ってきたか(赤字ならつぎこんだか)を示します。

・営業活動によるキャッシュ・フロー+投資活動によるキャッシュ・フローの合計は、うまく運営できていれば長期的には黒字になり、当期純利益と近い数字になるのが普通ですが、ライブドアの場合、ここが少なくとも平成13年(2001年)から3年連続の赤字で、平成16年(2004年)にやっと黒字。ここまでは、頑張ってるけど若い会社だからまだ赤字だったんだな、と良心的にとることもできます。

・しか〜し!財務活動によるキャッシュ・フローの数字が巨大すぎるっ!!Σ⊂( ̄ー ̄#会社の売上高よりデカくて当期純利益の10倍なんてっ!

・なんでそんなことになっているか財務活動によるキャッシュ・フローが詳しく書いてある62ページをみてみると、ありました!

・株式の発行による収入、という項目が突出して大きいことがわかります。これは、株をライブドアが発行して、一般の投資家の人たちに買ってもらい、お金を手に入れた、ということ。

・こんないびつなバランスの巨額のお金になることはふつうありえないです。売上高より大きい株式の発行による収入、というのは

「普通の商売をしてる(売上高)というよりライブドア株を売りさばいている(株式の発行による収入)」

というほうがより正確、ということです。

・ここで、上述した営業活動によるキャッシュ・フロー+投資活動によるキャッシュ・フローを思い返すと、こちらの「赤字続きだったけど1回黒字に出来た」という数字の方が会社の本当の価値にちかいはずで、

ライブドアに株を売り込みされても「ちょっち辞めとこ〜」な感じになるのが皆様、おわかりいただけたでしょうか?

・平成16年(2004年)でも十分ヤバイ感じでしたが、平成17年(2005年)はさらにヒドイことになっていて、平成17年(2005年)の情報が手に入った2005年末で手を引いとけば、危ないとこだったけどギリギリセーフ、といえたわけです。

教訓:
株を買う前に企業の決算は目を通しておきましょう。
誰も見やしないと思って、思いっきりヤバイことがすごく正直に書いてあるときがあります。
今回みたいにたった2ページ見るだけで分かるときもありますから!
いや、動物的勘が働いて、さっさと逃げれる人は別にいいんですけどね。

参考URL:
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/96/
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20060202mh11.htm


続きを読む(関連商品・サービスのCM)
posted by 557 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理即解決
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。